TALK(トーク)を使って、さっそくリアルで会ってみるまでのお話

アプリレビュー

元CASHの光本勇介さんがCASHやTRAVEL Nowのバンクを解散して新たに株式会社実験という会社で新サービスTALK(トーク)がリリースされましたので早速インストールして使ってみました。

TALK(トーク)ってどんなアプリ?

顔の部分にスタンプを乗せて1分間雑談するだけのアプリです。

1分間で終了ですが、残り10秒くらいで出てくる延長ボタンを互いに押せば1分間延長出来ます。

終われば互いに評価をしあえます。

評価をしてもらった場合、おしらせから履歴は見られますが同じ人に指定して繋がりに行くことは出来ないです。

顔認証ができなくなると、画面が灰色になりしばらくすると切られます。

一期一会という感じのサービスです。

寂しいのでちょっと誰かと喋りたいなというのに向いてそうです。

何をしゃべればいいのだろうというときにサイコロアイコンがありまして、話題を提案してくれます。

最近映画何見た?とか夢は何?などです。

相手はサイコロのお題を見られないので、トークの話題のお助けという感じですかね。

顔認証精度

TALK(トーク)の顔認証を検証してみました。

顔認証維持

○サングラス

○帽子

○口だけマスク


上記全部しても顔認証維持できます。

顔認証NG

✕鼻を隠す

✕複数人が写るとスタンプが剥がれやすくなります

顔認証されなくなると灰色になり画面が映らなくなるだけですので、そこまで問題視はしなくてよさそうですが、とにかく一瞬たりとも元の顔を見せたくない人はサングラスがオススメです。

TALK(トーク)のここをがんばって!

このようなマスクフィルターはしょうがないのでしょうが、つながった瞬間相手の顔が見えてしまいます。

どうしても顔を隠したいならサングラスをつけておけば問題ないと思いますので、サングラスをつけて使ってみましょう。

1分間だとお見合いとかでもありますが、毎回定例の自己紹介だけで終わってしまいます。

例えば、バチェラー3の最終回を語りたいというようなキーワードでルームが探せるとおもしろそうです。

いまは人数が少ないので同じ人に会いやすいですが、利用者が増えると一期一会になってしまうので、フレンド登録はあってもよさそうですね。

SEOが厳しい?

TALKだけではAppStoreで出てきません。

TALK(トーク)まで入力してやっと3位です。

リリースしたばかりなのでしょうがないですのでこれからですかね。

また、Androidでは未リリースなのでiPhoneの人のみ遊べます。

CASHのときもそうだったのですが、よほど流行らない限りAndroidでは遊べないかもしれません。

TALK(トーク)で会ってランチしてきたお話

アプリをインストールしたのが10:30くらいです。

そこから何人かとマッチングしていたときに、まだローンチしたばかりなのでサービスの利用者も少ないなか、同じ人と3回連続マッチングしました(笑)

Mさんとしますね。

1回目は、適当にお話。

2回目は延長を2回して3分の通話

3回目は次マッチングしたらランチしましょうという流れ

そして別の人と繋がるのですが、

同じオフィスにいる人でした(笑)

背景が同じなのと、3人で検証してみているとMさんから聞いていたので、もしかしてMさんと同じオフィスですかという話を聞いたところビンゴです!

2人目の方はIさんです。

そして、そのオフィスの3人目の人ともマッチング。

Nさんです。

ここからNさんと3回連続でマッチング。

もはや運命です。

ローンチで人が少ないとはいえ、ここまで連続して同じグループの人とマッチングしたら運命としか思えません。

そして運命の4回目のMさんとの再会話。

Mさん<ランチ行きましょう!

筆者<連絡先をどうやって交換しましょう。

残り10秒

Mさん<自分のTwitterさがしてください。フォロワーが○○人くらいです。

TALK(トーク)終了

果たして、広大なネットでTwitterというプラットフォームと、TALK(トーク)のプロフィールだけで探せれるのだろうか。
しかもランチに行こうとしている。
TALK(トーク)では再度のマッチングはもしかしたら出来ないかもしれない。

ネットの海は広大なんだよ?
攻殻機動隊の少佐も言ってるじゃないか。
タチコマなんて万能サポートもいない。

そしてなぜこんな課題を与えられているのだろうか。
きっとランチに行きましょうといいながら、まだ行きたくないのかもしれない。
でも、ここまで来たのだ。一緒に飯でも食べてみたいじゃないか。

与えられたヒントは、フォロワー数だけ。

自分の検索技術が問われる
やってやりましょう!

いざ検索!

1分後フォローしました(笑)

タイムラインにちょうど光本さんとお話してたというツイートがあがってました。
この話、TALK(トーク)中にちょっとやってたので決定打でした。

そしてはるばる渋谷までいきランチ。

MさんもNさんも会社の代表している方で、話も盛り上がり素敵なランチオフ会が出来ました。

TALK(トーク)のここに期待

TikTokもそうですが、1分間って短いんですよね。

でも、この物足りなさに楽しさがあるような気もします。

マスクをつけてという匿名性を出すのであれば、顔認識の強化をさらにしてほしいです。

マスクはLINEスタンプのようにクリエイターが販売出来るようになれば面白いですよね。

そして上記にも書きましたが、お題にそったマッチングが出来ると、あたらしいSNSの形を感じました。

なんだかんだ、見知らぬ人とトークするのってハードル高いんですが気楽です。

昔、スカイプで英語と日本語でマッチングしましょうってあって使ってみようとしたのだけど、ハードルの高さでかかってきても出れなかった記憶があります。

見知らぬ人とトークで繋がるのに、こんな気軽に見知らぬ人と喋れるのは新鮮でした。

それにしても、光本さんの行動の速さとシンプルで分かりやすいサービスは素晴らしいです。

そんな光本さんのTwitterはこちら

https://twitter.com/Yusuke_Tokyo

タイトルとURLをコピーしました