【ネタバレ無し】ペルソナ5ロイヤル(P5R)を100時間プレイしてクリアした感想

ゲーム

ペルソナ5が発売したのが2016年9月、当時はその年末まで遊んでいました。そこから3年ぶりのP5Rの1周目を遊び尽くしました。

100時間ほとんど飽きずに遊べるゲームってすごいですよね。
オンラインゲームなどは人とのしがらみがあるので続けれるのですがコンシューマーゲームで100時間は結構飽きます。
そんななか何が楽しくて100時間遊んだかを説明しますね。

P5Rが飽きないポイント

戦闘

まずは戦闘ですね。
弱点が不明な敵に(使ってくるスキルから予想は出来る)弱点を突いて、仲間にバトンタッチで繋げて別の敵に弱点で攻撃して全員をダウンさせる。
そこから交渉に入ってもいいし、ラッシュで倒してもよいという様々な選択肢があるのがとにかく面白い。
悪魔を仲間にして合体させ、より強い悪魔を作って仲間にする。
女神転生シリーズの肝部分ですが、まったく飽きさせない戦闘が出来るゲームの一つです。
ドラクエだと、敵の弱点はありませんしモンスターズの仲間の仕方は肉をあげるだけなので作業感がすごいです。仲間にしてより強いモンスターを作るという部分は共通ですけどね。

日常パート


いわゆるギャルゲーとか乙女ゲームなどにあるアドベンチャーパートですね。メインシナリオで解禁されてメインストーリーの合間で関係性を育てていき、コミュニティが育つと戦闘に約立つという関連性。
P5のときより、コミュニティの攻略がしやすくなっており前回はフルコンプ出来ませんでしたが今回は1周目で年内にフルコンプ出来ました。

ダンジョンパート


ボスが設定され、ボスに苦しめられている人を助けるというストーリー。新たに仲間になるための感情移入もしやすくほどよい謎解きも多くギミックも面白いです。
サブダンジョンであるメメントスもあり、メインダンジョンで取り逃がしたようなものが回収出来ます。こちらはランダム成型で単純な作業にちょっとだけ違いを見せてくれます。

一番いいのは、レベルがあがると低レベルの敵との戦闘をさけれて、経験値やお金や仲間悪魔を貰えることですね。
このおかげでレベル上げが苦行では無くなります。

新学期


ペルソナ4ゴールデンと比べ、おまけのような3学期です。
実質1ヶ月だけですね。
ホワイトデーのイベントやifエンディングはよかったです。
個人的にはトゥルー・エンディングよりifエンディングのほうが優しい気持ちになれました。さすがラスボスさん。

総括

というわけで、プレイ時間100時間、レベル99でクリア出来ました。
このあとは、クリスマスとバレンタインとホワイトデーを繰り返して、マイパレスを遊ぶ予定です。
100時間では到底収まらないペルソナ5オススメですよ!





タイトルとURLをコピーしました