【知ってた?】芸能人のSNSアカウントの隠れプロモーション【ステマ】

ステマ

プロモーションとは

みなさんは芸能人のブログやTwitterやInstagramやyoutubeでPRと書かれた投稿をみたことがあると思います。

有名人に限らず、フォロワーの多いインフルエンサー等も企業から広告費をもらって投稿することがあります。

価格はフォロワーの多さや芸能事務所の料金などでさまざまですが、Instagramだとフォロワー数✕1円~5円程度だったりします。

PRで仕事を受けた場合は、PR(プロモーション)であることを告知しなければいけません。

プロモーション費をもらったにも関わらず、プロモーションであることを隠してSNSで宣伝することはステルスマーケティング(ステマ)と呼ばれ「景品法」という法律に反してしまう場合がございます。

人間は信頼している人にいいよ!と言われると、その信頼度で購入したくなります。

それが元で大きな詐欺事件が起きました。

ペニオク

一昔前にペニオク(ペニーオークション)という1円ずつ入札するオークションがありました。最終的にはブランド物のバックだったり任天堂のゲーム機が100円とかで買えますが、1円で入札するために1回500円かかったりします。

100円の入札が起きたということは100回価格がつり上がったこととなり、一回500円かかるということはすでに50,000円がその商品に対して消化されたことになります。

人間同士が入札しあえばまだいいのですが、運営が50,000円以上入金されないと自動的に運営アカウントが1円ずつ釣り上げるといったことをしていました。

つまり、1人でそのオークションに参加した場合、買えないのに50,000円投資したことになります。

オークションといえば通常落札時にお金を払うだけですが、このペニオクは入札時と落札時にお金がかかるひどい仕様でした。

この詐欺オークションのステマを、プロモーション費をもらって行った芸能人が以下になります。

ほしのあき/ピース綾部/熊田曜子/小森純/菜々緒/他

このステマについては、優良誤認という「商品やサービスについての内容を実際の物よりも『著しく』よく見せているということで罰則を取られる場合があります。

そのためステマを行った芸能人達はファンを詐欺に巻き込んだこともあり菜々緒意外メディアから消えました。

京都市と吉本興業が行ったステマ

さて、本日2019年10月28日に京都新聞の記事がアップされました。

漫才コンビのツイート1回に50万円 京都市が吉本とPR契約 識者「驚く額、誤解与える手法」

お探しのページが見つかりません|京都新聞

金額はフォロワーが16万人もいますし、1回50万円でもまだわかります。

問題は、ステマということですね。

PRを誰が書かなかったかはわかりません。

京都市なのか吉本興業なのか、お笑い芸人「ミキ」なのか。

ステマ=犯罪ではないのですが、お金をもらってやっていることを伝えないことがファンを裏切る事になります。

ここからは筆者の想像となりますが、

今回の京都市盛り上げ隊として京都市と吉本興業の間で業務提携はあるのだから、Twitterでの1ツイートいくらという事をしなければ、自分達が出演しているポスターを自分たちで宣伝しているだけなので特に問題にならなかったと思います。

おそらく、悪いのはそのツイートに値段をつけた吉本興業ですね。

お笑い芸人の「ミキ」はもしかしたらお金すらもらっていないのかもしれません。

そう考えるとPRとつける必要を本人達は感じませんからね。

テレビ番組の特集

皆さんは、テレビで放送されているものはテレビ局が見つけて取材して放送しているものだと思いますか?

もちろん流行っているものであったり最先端なものは、番組主導でロケをして放送しているものもあります。

筆者は過去、女性向け新規サービスを初めたことがあります。

その際にテレビ局のディレクターにお金を払えば、ゲスト芸能人が「実際に使っている」などのコメントを出すことが出来るというビジネスの営業を受けました

番組で値段は違うものの、数十万円~数百万円でした。

テレビ東京の番組や、朝のニュース番組での宣伝が可能でした。

Instagramで写してもらう手法

これも同じステマ営業がありました。

有名人のInstagramにそっと写すというやりかたです。

過去にティラミスヒーローという会社がステマを行いましたが、慣れていないインスタグラマーに暴露されたケースがあります。

このティラミスヒーローという会社はステマ意外にも、商標を盗むといったモラルに反して社会を裏切ることしかしてないサービスでしたが・・・。

これよりももう少し巧妙なステマもあります。

間接的な商品紹介です。

これも営業を受けているので、実際に行っているインスタグラマーはいます。

※この写真はイメージなので、ステマ投稿と言っているわけではありません

この場合商品名を一切しゃべっていないですが、調べれば何か分かるような感じで紹介しています。

ファンであれば、○○さんが食べているものを食べてみたいや、使ってる化粧品を真似したいといった意識になるため広告が成立しています。

SNSアカウントの隠れプロモーションのまとめ

いかがでしたでしょうか。
今まで何も思っていなかったことが、実はお金で広告していることが多数です。
モラルのある方だとプロモーションであることは伝えるのですが、それをしない人も多々おります。
広告と聞くと興味ないですが、大好きなインスタグラマーの人がいつも使ってそうな物とか使いたくなるし、場所とかであれば会えるかもしれないし行ってみたいとか思いますよね。
その心を踏みにじるのがステマです。
バレたときの裏切りという反動が大きいので、もしあなたがプロモーションを受ける側であればモラルを重視してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました